トップページ > 症例紹介 > 「アレルギーもないのに、なぜかいろいろ食べられない!」

「アレルギーもないのに、なぜかいろいろ食べられない!」

52歳、 女性

症例キーワード: うつ病不安障害自律神経失調症

症状詳細

子供は独立して、夫と2人暮らし。特に神経質といった感じもない。3年ほど前から、ある野菜やある飲み物など、特定のものを食べるとお腹が痛くなることが出てきた。最初はアレルギーと思い、内科でアレルギーの検査をして、薬も試すが効果はない。医師からは「こんなアレルギーは考えられない」と言われてきた。自分では温度など気をつけながら調理するが関係はない。すると最近になり、少しずつ食べられないものが増えてきた。意を決して当院を受診した。

治療経過・結果

最初は抗不安薬や、胃薬にもなる抗うつ薬で治療開始した。少し効果はあったが、十分ではなかった。治療開始から2ヶ月後、ある抗うつ薬に変更したところ、劇的に症状は改善した。今では食事のことを気にすることは、ほとんどなくなった。

考察・解説

この方の症状も自律神経が関係していると思い、「不安が強いから」「うつ病だから」とは関係なく薬剤を調整した。結果として症状は劇的に改善して、本人も大変喜んでいます。治療に抵抗があるとは思いますが、気軽にご相談ください。

類似する症例

パニック障害めまい不安障害自律神経失調症

めまいで「メニエール病」と診断されたが・・・

仕事や育児など問題なく過ごしていた。ある日、自分の母に重い病気があることが判明した。その後から、めまい・吐き気などが強くでるようになり、不眠にもなった。友人から「メニエール病」のことを聞き、近くの耳鼻咽喉科を受診して治療を始めた。検査結果からもメニエール病と診断され、数種類のめまい薬を内服開始し2ヶ月ほど治療したが、めまいは続いた。不眠もあり当院を受診した。 ...もっと見る

パニック障害不安障害動悸息苦しさ自律神経失調症

「動悸」や「息苦しさ」で悩む女性

元々忙しい職場であった。ある日、職場でミスをして上司から叱責を受けた。それ以降、その上司がいるいないに関係なく、職場にいく時間になると、動悸や息苦しさを感じるようになった。そのうちに、仕事のない日にも動悸などが出るようになった。内科で心臓の検査をしても、とくに異常はなかった。内科でエチゾラム(デパス)が処方され内服すると、強い眠気に襲われ、その後は内服できなかった。当院を受診した。 ...もっと見る

お問い合わせ

お電話・FAX・メールでお気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

ご相談メールフォーム

※当院に通院中、または通院予定の方専用メールフォームです。

※初診のかたの受診予約はお電話にてお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

電話 099-813-8338

受付時間
月~土 9:00~12:30 / 14:00~18:00

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-813-8870

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

診療時間について
午前9:00~12:30※
午後14:00~18:00

※午後の診察がある日は、午前の診察終了後~14:00までは当院は閉院します。院内の使用は出来ません。
■日曜日と祝日は休診です。

トップへ戻る