トップページ > 症例紹介 > 「アレルギーもないのに、なぜかいろいろ食べられない!」

「アレルギーもないのに、なぜかいろいろ食べられない!」

52歳、 女性

症例キーワード: うつ病不安障害自律神経失調症

症状詳細

子供は独立して、夫と2人暮らし。特に神経質といった感じもない。3年ほど前から、ある野菜やある飲み物など、特定のものを食べるとお腹が痛くなることが出てきた。最初はアレルギーと思い、内科でアレルギーの検査をして、薬も試すが効果はない。医師からは「こんなアレルギーは考えられない」と言われてきた。自分では温度など気をつけながら調理するが関係はない。すると最近になり、少しずつ食べられないものが増えてきた。意を決して当院を受診した。

治療経過・結果

最初は抗不安薬や、胃薬にもなる抗うつ薬で治療開始した。少し効果はあったが、十分ではなかった。治療開始から2ヶ月後、ある抗うつ薬に変更したところ、劇的に症状は改善した。今では食事のことを気にすることは、ほとんどなくなった。

考察・解説

この方の症状も自律神経が関係していると思い、「不安が強いから」「うつ病だから」とは関係なく薬剤を調整した。結果として症状は劇的に改善して、本人も大変喜んでいます。治療に抵抗があるとは思いますが、気軽にご相談ください。

類似する症例

うつ病物忘れ認知症

調子の「良い日」と「悪い日」がある高齢者

夫とのんびりと暮らしていた。この1年ほど前から「調子の悪い日」があり、その日は表情がこわばり、体の動きもどこかぎこちない。応答もたどたどしい感じがする。しかし、また次の日は普段の本人になっていた。表情もしっかりしている。もちろん物忘れも目立たず、認知症っぽさもない。しかし最近は「調子の悪い日」が少しずつ増えてきているようであった。近くの内科にいったところ、認知症症状を疑われ抗認知症薬が処方さ...もっと見る

うつ病意欲低下物忘れ認知症

「やる気が出ず、他人に会いたくない」といった「うつ病」のような老年期女性・・・

2人いた子供はすでに自立して、孫も数人いる。3年前に夫を亡くしてからは1人で過ごしていた。1年ほど前までは、近所の友人たちとバス旅行やデパートに出かけることもあったが、最近は他人に会うのが億劫になってきた。毎日、家事をしたりテレビを見ながら、漫然と過ごしていた。年に数回は、子供や孫たちが遊びに来るが、その時は家族が見ても特に問題はなかった。物忘れなども目立たなかった。この3ヶ月は食欲もあまり...もっと見る

お問い合わせ

お電話・FAX・メールでお気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

ご相談メールフォーム

※当院に通院中、または通院予定の方専用メールフォームです。

※初診のかたの受診予約はお電話にてお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

電話 099-813-8338

受付時間
月~土 9:00~12:30 / 14:00~18:00

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-813-8870

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

診療時間について
午前9:00~12:30※
午後14:00~18:00

※午後の診察がある日は、午前の診察終了後~14:00までは当院は閉院します。院内の使用は出来ません。
■日曜日と祝日は休診です。

トップへ戻る