トップページ > 症例紹介 > 「睡眠薬が効かない!」

「睡眠薬が効かない!」

31歳、 女性

症例キーワード: 不眠症自律神経失調症

症状詳細

夫と子供2人との4人暮らし。パートで仕事しながら、子供2人を育てている。特に仕事でも家庭でもストレスはない。しかし1年前から、なかなか夜に寝つけず、床に入ってからも2~3時間は眠れないことが続いている。そのため疲れがなかなかとれないような気がする。しかし「抑うつ」も「不安」もそれほどなく、メンタルクリニックには行きたくない。近くの内科に相談して睡眠薬を処方してもらうが、種類を変えても、2種類飲んでも寝付けない。意を決して当院を受診した。

治療経過・結果

「睡眠薬ではなかなか眠れない方」と思い、ある抗うつ薬を1錠と睡眠薬1錠の内服を開始した。効果はその日の夜から表れて、寝付きが劇的にスムーズになった。2ヶ月した今は、睡眠薬も中止して、抗うつ薬1錠のみで良眠できている。

考察・解説

睡眠薬が効かないのは、おそらくは自律神経が乱れているのだとおもいます。こういった方は睡眠薬の効果が乏しいです。抵抗があるかもしれませんが、抗うつ薬などで自律神経を整えると眠りやすくなります。またほとんどの睡眠薬で強い眠気が1日続き、使用できない人もいます。このような方の場合、内科などでは対応困難なので、メンタルクリニックでのご相談が必須であります。眠れないことから体調不良になり、他の疾患になることも多いので、早めにご相談ください。

類似する症例

パニック障害めまい不安障害自律神経失調症

めまいで「メニエール病」と診断されたが・・・

仕事や育児など問題なく過ごしていた。ある日、自分の母に重い病気があることが判明した。その後から、めまい・吐き気などが強くでるようになり、不眠にもなった。友人から「メニエール病」のことを聞き、近くの耳鼻咽喉科を受診して治療を始めた。検査結果からもメニエール病と診断され、数種類のめまい薬を内服開始し2ヶ月ほど治療したが、めまいは続いた。不眠もあり当院を受診した。 ...もっと見る

めまい子宮内膜症自律神経失調症頭痛

「子宮内膜症の治療をしたが・・・」

特に問題なく生活していたが、「子宮内膜症」があり、婦人科である薬が始まった。婦人科の症状は改善傾向であったが、3ヶ月ほどすると頭痛、めまい、気分の落ち込みなどが出現した。このことを婦人科医師に相談すると、婦人科の薬は中止されました。 しかし精神面の不調は改善せず、当院を受診した。 ...もっと見る

お問い合わせ

お電話・FAX・メールでお気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

ご相談メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-813-8338

受付時間
月~土 9:00~12:30 / 14:00~18:00

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-813-8870

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

診療時間について
午前9:00~12:30※
午後14:00~18:00

※午後の診察がある日は、午前の診察終了後~14:00までは当院は閉院します。院内の使用は出来ません。
■日曜日と祝日は休診です。

トップへ戻る