トップページ > 症例紹介 > 「イライラする」「我慢できない!」高齢者

「イライラする」「我慢できない!」高齢者

73歳、 男性

症例キーワード: 不眠症前頭側頭型認知症物忘れ認知症

症状詳細

元々が短気な方ではあった。子供が独立した後は、妻と2人暮らしで畑仕事などしながら生活していた。この1年ほど、昔以上にすぐにイライラして、時には妻に物を投げるなど、以前なかった行動をするようになった。隣近所ともトラブルを起こし、妻があとから謝罪に行くこともあった。車の運転もスピードを出しすぎることがあり、妻が注意すると逆に怒る。食事も掻き込むようにすぐに食べ終わる。夜は眠れずに遅くまで落ち着きなく行動している。妻は子供と相談し、何とか当院受診にこぎつけた。

治療経過・結果

説得して他院で頭部MRI検査をしたところ、脳の前方から側方(前頭葉~側頭葉)に大きな萎縮が目立った。前頭側頭型認知症と考え、まずは不眠の改善目的も併せて、行動を抑制するタイプの薬剤を開始した。数回の薬剤調整で夜の睡眠はとれるようになり、日中の行動も少し穏やかになった。しかし認知症症状は依然として続いている。

考察・解説

前頭側頭型認知症は「物忘れ」もありますが、それ以上に「いろいろな行動が我慢できなくなる」といった症状が問題です。本人以上に家族が悩まされる認知症です。薬剤で完全に治療できるわけではないですが、少しだけ家族の介護の手助けができればと考えています。

類似する症例

AD/HD(注意欠陥・多動性障害)不眠症発達障害

「落ち着かない」「眠れない」子供

幼少時から元気で落ち着かず、時に乱暴なところもあった。小学生になっても落ち着かず、授業中も静かにできなかった。小学2年生から「特別支援学級」に編入した。小学4年生時に、ある小児科で「AD/HD」と診断され、専用の薬物を使用してみた。しかし食欲低下の副作用が起こり、また特に落ち着くこともなく効果も乏しかった。本人・両親ともに薬物は中止を希望した。小学5年生になり、夜3時ごろまで寝なくなった。両...もっと見る

うつ病物忘れ認知症

調子の「良い日」と「悪い日」がある高齢者

夫とのんびりと暮らしていた。この1年ほど前から「調子の悪い日」があり、その日は表情がこわばり、体の動きもどこかぎこちない。応答もたどたどしい感じがする。しかし、また次の日は普段の本人になっていた。表情もしっかりしている。もちろん物忘れも目立たず、認知症っぽさもない。しかし最近は「調子の悪い日」が少しずつ増えてきているようであった。近くの内科にいったところ、認知症症状を疑われ抗認知症薬が処方さ...もっと見る

お問い合わせ

お電話・FAX・メールでお気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

ご相談メールフォーム

※当院に通院中、または通院予定の方専用メールフォームです。

※初診のかたの受診予約はお電話にてお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

電話 099-813-8338

受付時間
月~土 9:00~12:30 / 14:00~18:00

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-813-8870

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

診療時間について
午前9:00~12:30※
午後14:00~18:00

※午後の診察がある日は、午前の診察終了後~14:00までは当院は閉院します。院内の使用は出来ません。
■日曜日と祝日は休診です。

トップへ戻る