トップページ > 症例紹介 > 「夜に大声を出す!」中学生

「夜に大声を出す!」中学生

症状詳細

特に問題なく学校生活も送っていたが、半年ほど前から夜中に大声を出して、時には起き上がるようなこともあった。次の日に家族が尋ねても本人は覚えていない。家族は「これが夢遊病か」と思い、内科や脳神経外科を受診した。脳外科では頭部MRIや脳波も行ったが異常はなかった。精神病ではと思い、当院を受診した。

治療経過・結果

脳波検査は異常なかったが、睡眠時随伴症(夜驚症や側頭葉てんかん)を考え、抗てんかん薬を使用した。その後は、症状はピタリとなくなった。

考察・解説

脳波異常はなかったですが、おそらくは軽度の側頭葉てんかんの類があるのではと思い治療しました。夜に脳波をとれば(終夜睡眠脳波検査など)異常を捕まえられるかもしれませんが、検査はなかなか大変です。10歳前後では「夜驚症」など、中年以降になると「レム睡眠行動障害」といった睡眠時随伴症が見られやすいです。若年時は脳波も変動しやすいため、しばらくはこれで経過をみていいのではと思います。

お問い合わせ

お電話・FAX・メールでお気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

ご相談メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-813-8338

受付時間
月~土 9:00~12:30 / 14:00~18:00

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-813-8870

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

診療時間について
午前9:00~12:30※
午後14:00~18:00

※午後の診察がある日は、午前の診察終了後~14:00までは当院は閉院します。院内の使用は出来ません。
■日曜日と祝日は休診です。

トップへ戻る