トップページ > 症例紹介 > 「やる気が出ず、他人に会いたくない」といった「うつ病」のような老年期女性・・・

「やる気が出ず、他人に会いたくない」といった「うつ病」のような老年期女性・・・

74歳、 女性

症例キーワード: うつ病意欲低下物忘れ認知症

症状詳細

2人いた子供はすでに自立して、孫も数人いる。3年前に夫を亡くしてからは1人で過ごしていた。1年ほど前までは、近所の友人たちとバス旅行やデパートに出かけることもあったが、最近は他人に会うのが億劫になってきた。毎日、家事をしたりテレビを見ながら、漫然と過ごしていた。年に数回は、子供や孫たちが遊びに来るが、その時は家族が見ても特に問題はなかった。物忘れなども目立たなかった。この3ヶ月は食欲もあまりなくなり「もう年だから・・・」と食事を抜くことも多くなってきた。入浴も2日おきになってきた。そのことを聞いた家族が「うつ病」ではないかと心配して当院を受診させた。

治療経過・結果

家族は「うつ病」ではないかと心配していた。本人は「いろいろやる気はない、他人に会いたくない」「でも、うつ病ではない」と述べる。会話した印象でも「うつ病」らしさは目立たなかった。簡易認知症テストで23/30と認知症の可能性が示唆された。近くの医院に頭部検査をお願いしたところ、側頭葉の萎縮傾向があることが判明した。本人にも説明したうえで、抗認知症薬を開始したところ、食欲や意欲面が改善され、週に数回のデイサービスも利用するようになった。家族も「以前より元気になった」と安心している。

考察・解説

「物忘れ」ではなく、「意欲低下」で受診した認知症初期の方と思います。認知症の初期はこのような「うつ病」のような方も珍しくありません。特に老年期で「他人に会いたくない」といった傾向は要注意だと感じています。抗認知症薬は、認知機能の低下を緩やかにするといった効果がありますが、薬剤の選択次第で意欲面も改善するといった効果も期待できます。

類似する症例

うつ病統合失調症躁うつ病

「どこからか、電波(電磁波)を当てられる!」

20歳頃から体に違和感を感じており、「これは誰かから、電波を当てられているに違いない」と考えるようになった。時に耳鳴りに混じり、人の声のようなものも聞こえる。あまり気にしないように生活していた。仕事始めて、特に問題なく生活していたが、ストレスが多くなると同症状が気になってくる。電波を当てられないため、昼もカーテンを閉めて生活する。次第に仕事が手につかなくなってきた。両親に勧められ、当院を受診...もっと見る

うつ病不安障害自律神経失調症

「アレルギーもないのに、なぜかいろいろ食べられない!」

子供は独立して、夫と2人暮らし。特に神経質といった感じもない。3年ほど前から、ある野菜やある飲み物など、特定のものを食べるとお腹が痛くなることが出てきた。最初はアレルギーと思い、内科でアレルギーの検査をして、薬も試すが効果はない。医師からは「こんなアレルギーは考えられない」と言われてきた。自分では温度など気をつけながら調理するが関係はない。すると最近になり、少しずつ食べられないものが増えてき...もっと見る

お問い合わせ

お電話・FAX・メールでお気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

ご相談メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-813-8338

受付時間
月~土 9:00~12:30 / 14:00~18:00

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-813-8870

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

診療時間について
午前9:00~12:30※
午後14:00~18:00

※午後の診察がある日は、午前の診察終了後~14:00までは当院は閉院します。院内の使用は出来ません。
■日曜日と祝日は休診です。

トップへ戻る