トップページ > 症例紹介 > 「物忘れ?!」「集中できない」「不眠」で悩む男性・・・

「物忘れ?!」「集中できない」「不眠」で悩む男性・・・

43歳、 男性

症例キーワード: うつ病不眠症動悸物忘れ頭痛

症状詳細

営業職として仕事していたが1年前から残業も多くなり、睡眠や食事の時間も不規則となった。半年ほど前から、仕事前になると頭痛や動悸があったが、1時間ほどするとおさまるので我慢していた。1ヶ月前からは夜に寝付けなくなり、また仕事でも取引先との大事な約束も忘れることが幾つかあり、仕事に集中出来ないときが出てきた。自家用車を壁にぶつける事故もあった。自分でも、また周囲の評価も、それほど気分が落ち込んでいるといった感覚はない。同僚から、「若年性の認知症かもよ!」と冷やかされ、当院を受診した。

治療経過・結果

2週間の休職をとり、抗うつ薬、睡眠導入剤などで治療を開始した。職場の理解もあり、2週間は十分に休養をとれた。頭痛、動悸、不眠は内服開始後からすぐに改善した。職場復帰は無理のない程度で再開した。治療開始後2ヶ月で、注意力・集中力も回復した。

考察・解説

「うつ病」の症状は、最初は気分の落ち込みや不安は目立たず、このように自律神経失調症から始まり、次に注意力・集中力低下が出て来ることもある。周囲からも「うつ病」だとわかりにくいため、治療が遅れることもあります。この方も本格的な「うつ病」になる前に治療できた例と思われます。

類似する症例

AD/HD(注意欠陥・多動性障害)不眠症発達障害

「落ち着かない」「眠れない」子供

幼少時から元気で落ち着かず、時に乱暴なところもあった。小学生になっても落ち着かず、授業中も静かにできなかった。小学2年生から「特別支援学級」に編入した。小学4年生時に、ある小児科で「AD/HD」と診断され、専用の薬物を使用してみた。しかし食欲低下の副作用が起こり、また特に落ち着くこともなく効果も乏しかった。本人・両親ともに薬物は中止を希望した。小学5年生になり、夜3時ごろまで寝なくなった。両...もっと見る

めまい子宮内膜症自律神経失調症頭痛

「子宮内膜症の治療をしたが・・・」

特に問題なく生活していたが、「子宮内膜症」があり、婦人科である薬が始まった。婦人科の症状は改善傾向であったが、3ヶ月ほどすると頭痛、めまい、気分の落ち込みなどが出現した。このことを婦人科医師に相談すると、婦人科の薬は中止されました。 しかし精神面の不調は改善せず、当院を受診した。 ...もっと見る

お問い合わせ

お電話・FAX・メールでお気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

ご相談メールフォーム

※当院に通院中、または通院予定の方専用メールフォームです。

※初診のかたの受診予約はお電話にてお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

電話 099-813-8338

受付時間
月~土 9:00~12:30 / 14:00~18:00

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-813-8870

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

診療時間について
午前9:00~12:30※
午後14:00~18:00

※午後の診察がある日は、午前の診察終了後~14:00までは当院は閉院します。院内の使用は出来ません。
■日曜日と祝日は休診です。

トップへ戻る