トップページ > 症例紹介 > めまいで「メニエール病」と診断されたが・・・

めまいで「メニエール病」と診断されたが・・・

43歳、 女性

症例キーワード: パニック障害めまい不安障害自律神経失調症

症状詳細

仕事や育児など問題なく過ごしていた。ある日、自分の母に重い病気があることが判明した。その後から、めまい・吐き気などが強くでるようになり、不眠にもなった。友人から「メニエール病」のことを聞き、近くの耳鼻咽喉科を受診して治療を始めた。検査結果からもメニエール病と診断され、数種類のめまい薬を内服開始し2ヶ月ほど治療したが、めまいは続いた。不眠もあり当院を受診した。

治療経過・結果

睡眠をとるための睡眠導入剤、自律神経を安定させる目的に、ある抗うつ薬を半錠と抗不安薬を併用して治療を開始した。治療開始後すぐに睡眠は改善して、また2週間ほどでめまいは軽減していった。治療開始後から2ヶ月ほどで、めまいはほとんど見られなくなった。耳鼻咽喉科のめまいの薬も現在はすべて中止されている。

考察・解説

親の病気がストレスとなり、最初はメニエール病が発症したと思われる。メニエール病はめまいや吐き気などの症状が主だが、自律神経も乱れる疾患であると思われる。耳鼻科での一般的なめまい治療で効果が乏しかった方に、自律神経失調症の治療を行うことで、症状が改善するといった経験をしました。

類似する症例

パニック障害めまい不安障害動悸息苦しさ自律神経失調症頭痛

「涙が止まらない!」「過呼吸!」

3ヶ月前から慣れない部署に異動になったが、みんなの支えもあり頑張れていた。1週間前から咳や痰といった風邪みたいな症状があった。なかなか風邪が治らず2日ほど休みをもらったが治らなかった。頑張って仕事に行くが、体は熱っぽく少しフラフラして、動悸もある。職場のみんなも暖かく迎えてくれるが、なぜか涙が出て止まらない。一度おさまっても、みんなから声をかけられると涙がでてしまう。一度は過呼吸ぎみにもなっ...もっと見る

不安障害強迫性障害

「戸締り」や「仕事内容」を何度も確認する男性

几帳面な性格であった。いろいろとストレスもあり数年で辞めてしまうことが多かったが、就労は出来ていた。以前からあった症状だが、鍵を閉めた後に数回確認することがあった。しかしこの数ヶ月は、一度出勤して仕事をするが、戸締まりしたか不安になり、昼休みに家に帰るといった症状が出るようになった。最近では、職場でも数か月前の仕事内容を何度も同僚に確認するようになり、同僚から叱責を受けるといったトラブルもあ...もっと見る

お問い合わせ

お電話・FAX・メールでお気軽にご相談ください。

お電話でお問い合わせ

電話 099-813-8338

受付時間
月~土 9:00~12:30 / 14:00~18:00

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-813-8870

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

メールでお問い合わせ

ご相談メールフォーム

※当院に通院中、または通院予定の方専用メールフォームです。

※初診のかたの受診予約はお電話にてお問い合わせください。

診療時間について
午前9:00~12:30※
午後14:00~18:00

※午後の診察がある日は、午前の診察終了後~14:00までは当院は閉院します。院内の使用は出来ません。
■日曜日と祝日は休診です。

トップへ戻る