トップページ > 症例紹介 > めまいで「メニエール病」と診断されたが・・・

めまいで「メニエール病」と診断されたが・・・

43歳、 女性

症例キーワード: パニック障害めまい不安障害自律神経失調症

症状詳細

仕事や育児など問題なく過ごしていた。ある日、自分の母に重い病気があることが判明した。その後から、めまい・吐き気などが強くでるようになり、不眠にもなった。友人から「メニエール病」のことを聞き、近くの耳鼻咽喉科を受診して治療を始めた。検査結果からもメニエール病と診断され、数種類のめまい薬を内服開始し2ヶ月ほど治療したが、めまいは続いた。不眠もあり当院を受診した。

治療経過・結果

睡眠をとるための睡眠導入剤、自律神経を安定させる目的に、ある抗うつ薬を半錠と抗不安薬を併用して治療を開始した。治療開始後すぐに睡眠は改善して、また2週間ほどでめまいは軽減していった。治療開始後から2ヶ月ほどで、めまいはほとんど見られなくなった。耳鼻咽喉科のめまいの薬も現在はすべて中止されている。

考察・解説

親の病気がストレスとなり、最初はメニエール病が発症したと思われる。メニエール病はめまいや吐き気などの症状が主だが、自律神経も乱れる疾患であると思われる。耳鼻科での一般的なめまい治療で効果が乏しかった方に、自律神経失調症の治療を行うことで、症状が改善するといった経験をしました。

類似する症例

めまい子宮内膜症自律神経失調症頭痛

「子宮内膜症の治療をしたが・・・」

特に問題なく生活していたが、「子宮内膜症」があり、婦人科である薬が始まった。婦人科の症状は改善傾向であったが、3ヶ月ほどすると頭痛、めまい、気分の落ち込みなどが出現した。このことを婦人科医師に相談すると、婦人科の薬は中止されました。 しかし精神面の不調は改善せず、当院を受診した。 ...もっと見る

不安障害自律神経失調症過敏性腸症候群

「緊張するとお腹が痛い!」・・・過敏性腸症候群

以前から緊張が強いと自分でも感じてはいた。仕事始めて3年目で、やや責任ある役職に昇任した。その後から、仕事に行く前になるとお腹が痛くなることが多くなり、下痢のときもあれば、排便がないときもある。仕事のないときは症状はほとんどない。ストレスによるものと思い当院を受診した。 ...もっと見る

お問い合わせ

お電話・FAX・メールでお気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

ご相談メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-813-8338

受付時間
月~土 9:00~12:30 / 14:00~18:00

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-813-8870

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

診療時間について
午前9:00~12:30※
午後14:00~18:00

※午後の診察がある日は、午前の診察終了後~14:00までは当院は閉院します。院内の使用は出来ません。
■日曜日と祝日は休診です。

トップへ戻る