トップページ > 院長ブログ > 熱中症は自律神経失調症だ!😓

熱中症は自律神経失調症だ!😓

空前の酷暑が来ています! 
それに併せて熱中症症状の報道も過熱しているようです。

そこでこの題名なのですが・・・
今の熱中症報道は少し偏っている感じがします。
水分摂取のことばかり取り上げていますが、この題名のような報道をしているところは少ない気がします!

熱中症の本体は自律神経失調症なのです。
つまり体温上昇を自律神経でコントロールできなくなったときに、頭痛やめまいなどの自律神経症状が出るのです。

よく「部活中に生徒が複数名熱中症!」とありますが、部活時は先生も気を使って水分摂取させているはずです。
それでもこのようなニュースがあとを絶たないのは、部活などの緊張状態時には自律神経も十分に機能しづらく、熱中症にかかるリスクが増大するのです。
厳しい顧問の先生などがいる部活ではなおさらです・・・

他に自律神経が働きづらい状態、例えば「風邪をひいている」「アルコール飲んでいる」「眠れていない」「女性ホルモンの変動がある」などの時も熱中症を起こしやすいです。

よって「これらの不調時に、体温を上げないこと!」が熱中症の予防となります。

また一度熱中症にかかったあとに自律神経が乱れて、その後に数ヶ月にわたり自律神経失調症となることがあります。
その際は当院にいつでもご相談ください。

お問い合わせ

お電話・FAX・メールでお気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

ご相談メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-813-8338

受付時間
月~土 9:00~12:30 / 14:00~18:00

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-813-8870

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

診療時間について
午前9:00~12:30※
午後14:00~18:00

※午後の診察がある日は、午前の診察終了後~14:00までは当院は閉院します。院内の使用は出来ません。
■日曜日と祝日は休診です。

トップへ戻る