トップページ > 症例紹介 > 「口の中が変!」(口内の違和感)

「口の中が変!」(口内の違和感)

症状詳細

子供は独立して夫と2人暮らし。特に問題なくパートの仕事もしていた。1年ほど前から、「口の中のネバつき」が気になるようになり、1日に何度も歯磨きしたり、歯科受診するなどしたが症状に変わりはなかった。夫に言っても「気にしすぎ!」と言われ、最後には「くどい!」と怒られる始末。精神的なものと思い当院を受診した。

治療経過・結果

最初に抗精神病薬を少量を試したが、少し症状は軽減したものの十分ではなかった。次に抗うつ薬を使用したが、こちらはほとんど効果なし。次にある抗パーキンソン病薬を試したところ、症状が劇的に改善した。今も内服を続けている。

考察・解説

「口腔内の違和感」は精神科領域にとっては、「口腔内セネストパチー(体感異常)」ともよばれ古典的な症状でもあります。「ネバつき」の他に「唾液が多い」「唾液が少ない」「歯が動く感じがする」「歯茎が溶けるような感じ」など様々な症状があります。効果のある薬剤が一定ではないため、はっきりとした原因はわかりませんが、精神科領域でしか対応出来ない疾患ともいえます。

類似する症例

うつ病不眠症動悸物忘れ頭痛

「物忘れ?!」「集中できない」「不眠」で悩む男性・・・

営業職として仕事していたが1年前から残業も多くなり、睡眠や食事の時間も不規則となった。半年ほど前から、仕事前になると頭痛や動悸があったが、1時間ほどするとおさまるので我慢していた。1ヶ月前からは夜に寝付けなくなり、また仕事でも取引先との大事な約束も忘れることが幾つかあり、仕事に集中出来ないときが出てきた。自家用車を壁にぶつける事故もあった。自分でも、また周囲の評価も...もっと見る

うつ病不安障害円形脱毛症社交不安障害自律神経失調症

「円形脱毛症」に悩む!

仕事は2~3年おきに転職していた。7年ほど前から「円形脱毛症」が出現したため、定期的に皮膚科に通院して外用薬治療・光線治療をしていた。しかし症状はあまり改善されなかった。仕事でもストレスが多く、また円形脱毛もあるため、プライベートでもあまり人と交わらず遠慮することが多かった。不安もあり当院を受診した。 ...もっと見る

お問い合わせ

お電話・FAX・メールでお気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

ご相談メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-813-8338

受付時間
月~土 9:00~12:30 / 14:00~18:00

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-813-8870

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

診療時間について
午前9:00~12:30※
午後14:00~18:00

※午後の診察がある日は、午前の診察終了後~14:00までは当院は閉院します。院内の使用は出来ません。
■日曜日と祝日は休診です。

トップへ戻る